小説ブログ 月の村

あなたの心の中で輝き続ける小さな宝石のような物語を贈ります。

スポンサーサイト 

[ スポンサー広告]

この作品は夢小説です。名前の変換は目次 小説ページで設定できます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お金より大切なもの 

[ 短編]

この作品は夢小説です。名前の変換は目次 小説ページで設定できます
月の村


ある村に、農民がいました。
彼は親から継いだ畑を毎日耕していました。
雨の日も、風の日も、日差しが強い日も。

一生懸命、耕してもうまく実らない年もありました。
それでも、来る日も来る日も畑を耕していました。

ある日、彼が畑に行くと、実った作物が盗まれていました。

犯人はその村では有名な富豪の一家でした。彼らはパーティーの余興で、畑の作物を盗ってくるゲームをしたのです。

農民は富豪に、作物を返してほしいと頼みに行きました。
しかし富豪は、笑って相手にしてくれませんでした。作物代も払ってくれませんでした。

打ちひしがれて帰る農民を走って追いかけてくる者がいました。
「話を聞いていました。なにか力になれませんか」
彼は富豪の家で働いていた召使でした。農民と富豪の話を聞いていて、富豪に意見をしたため、クビになってしまったと言いました。

農民は、
「ならば荒れた畑を耕す手伝いをしてくれませんか。でも仕事代が払えないのです」
と言いました。
「お金はいりません。毎日、食べるものさえあれば」
と彼が言ったので、農民は畑仕事代として、作物を干して保管してあったものをあげることにしました。

農民と彼は荒らされた畑を耕しました。力を合わせたので、思ったよりも早く元の畑に戻すことができました。
そしてこれからも、一緒に畑を耕していくことにしました。農民には信じられる仕事仲間ができたのです。

あるとき、隣村と争いが起こり、取引が停止になってしまったため、村が食料不足になりました。

村民たちは農民の元を訪れ、作物を分けてほしいと言いました。
農民は作物を少しずつ村民たちに分けました。彼らは「ありがとう」「ありがとう」と口々に言い、畑を耕す手伝いをしました。

そこに富豪がやってきました。
「作物がほしい」
と言うので、農民は、
「畑仕事を手伝ってくれますか」
と聞きました。
富豪は、
「畑仕事なんてやれるものか。お金はある。作物を買う」
と言いました。

農民は首を横に振りました。
「お金はいりません」


お金は必要なものと交換するための単なる物質。
この世にはお金より大切なものがある。
忘れてはいけないことがある。




Copyright(C) MOON VILLAGE. All rights reserved.




にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

夜を乗り越える 

[ 曲とのコラボ]

この作品は夢小説です。名前の変換は目次 小説ページで設定できます
 どうでもよかった。
 両親が離婚して、その原因が信じていた母親の不倫だった。
「お母さんも女なの、許してね」
 そう言って不倫相手と出ていった。
 許してって? 俺はなにを許せばいいんだ? 許せない俺は悪いのか? そもそも俺は許してないのか?

 繁華街に出たら、ガラの悪そうな兄ちゃんが笑顔で近づいてきた。
「お兄ちゃん、中学生?」
 聞かれたので頷くと、
「ダメだよ、こんな時間にこんなとこにいたら補導されちゃうよ」
 言いながら、火が付いたタバコを一本差し出した。
「俺、未成年だから」
 小さい声で言ったけど、
「いいから。楽になるからさ」
 ぎゅっと、俺の手に握らせた。
 煙を吸い込むと、本当に頭がふわっとした。心地よかった。怒りも悲しみも吹っ飛んで、今ここにいることすら、夢の中の出来事のように感じた。
 とりあえず、今を乗り越えられればいい、今夜さえ乗り越えられれば、俺はまた強く生きていけるはずだ。

 親父はあれから飲んだくれになってしまった。酒なんて、ほとんど飲まない人だったのに。
 俺は、そんな親父を励ましながら、しっかり者の息子になった。朗らかだった父親の変わり果てた姿に絶望していたけれど、そんな気持ちは押し殺して、学校も休まずに行って、母親の代わりに家事もこなした。悲しみも怒りも絶望も、自分の中に押し込めた。

「だんだん、量が増えてきてない? 中毒になっちゃうよ。まだ若いのに」
 ガラの悪そうな兄ちゃんは、通称ケイといった。ホントはアルファベットの「K」なんだよって教えてくれた。そんな情報どうでもよかった。
 ケイがくれる心地よくなるもの、それがなければやっていけなかった。ケイはたぶん20代だった。「10代のころの俺みたいでさ」と言って、ケイは本当は有料のソレを無料で俺に分けてくれてた。

 その晩も、夕飯の後、家を抜け出してケイに会いに行った。いつもの繁華街の路地。
 ケイからいつものを受け取っていた時、路地の向こうに人影が動いた。
「やべえ! 逃げろ!」
 ケイが叫んだ。訳がわからず、ケイに続いて、俺は走った。
「まくんだ! 違う方向に走れ! 絶対つかまるなよ! 絶対助かれ! 生き抜けよ!」
 先を走るケイに言われて、俺はケイとは別の方向に走った。転がるように走った。途中で転んだけど走った。走って走って、息が切れて、気を失うように倒れた。
 誰の気配もしない暗がりの中、追っ手はまいたようだ。汗が目に入って、顔がゆがんだ。
 ケイはどうなった? 逃げきれたのか?
“絶対助かれ! 生き抜けよ!”
 言われた言葉が耳に残っている。
 この夜を越えれば、大丈夫なはずだ。とりあえず、今夜を乗り越えれば、俺は強く生きられる。握りしめていたケイから受け取ったモノを顔に当てて、俺は大きく息を吸った。





Copyright(C) MOON VILLAGE. All rights reserved.



この作品は、玄太さんの楽曲「瞳の奥に(悲壮編)」のイメージで書きました。

「瞳の奥に(悲壮編)」(歌詞付き動画):https://youtu.be/GGdhBuqp38M



玄太さんブログ:http://koragenta.hatenablog.com/

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
関連記事

飛行機雲 

[ 曲とのコラボ]

この作品は夢小説です。名前の変換は目次 小説ページで設定できます
 青い空に、一筋の飛行機雲が流れていた。
「そろそろ行くわよ」
 母親に言われて振り向く。両親の離婚のため、俺は母親に連れられて、母親の実家に行くのだ。中学進学の時期に合わせて引っ越しするのだ。そこにはあんまり会ったことがない婆ちゃんが住んでいる。
「田中君に挨拶したの?」
「ううん、後で電話する」
「そう」
 俺のつまらなそうな口調に合わせるように、母親も口をとがらせた。田中とは小学校の6年間、ずっと同じクラスだった。一緒に野球したり、サッカーしたり、塾も一緒に通った。
 くだらないこと言い合って、ゲラゲラ笑った。田中は頭が良かったから私立の中学を受験したかったみたいだったけど、家の経済的事情であきらめていた。

 子供なんてつまんないな、と思った。大人の都合に振り回されて。傷つくことだけ人一倍で。
 早く大人になりたい。
 人の痛みがわかる、器のでっかい大人に、俺はなる。

 母親の実家がある駅に着いてから、田中に電話をした。
 田中が出た気配がしたから、
「俺」
 と言うと、
『なんで』
 泣き声みたいな声が返ってきた。一瞬言葉に詰まって、でも言った。
「知らない。大人の事情で」
 気付いたら、俺も泣いていた。ちくしょう。
『俺ら、絶対また会おう』
「おう」
『俺はすでに結構頭いいから、おまえも勉強して』
 普段ならムカつく言葉だが、
「おう」
 素直に相槌を打った。
『すげえ大人になろう』
「おう」

 そんな会話をしたのに、俺と田中はその後、会うことはなかった。
 母親の実家で婆ちゃんと母親と暮らしながら、俺は勉強した。母親が働いていたが、経済的に苦しくて、高校はバイトしながら地元の公立に通った。大学に行きたかったけど、就職してくれって母親に頼まれて、無理だった。

 就職活動をしながら、見上げた空に一筋の飛行機雲が流れていた。田中のことを思い出した。無性に話がしたかった。あれから一度も話していないのに。

 握りしめていた携帯電話から電話した。かけていなくても、田中の番号はずっと記録されていた。
 電話に出たのは知らない男だった。「すみません」と切ろうとすると、
『俺だよ、田中だよ』
 大人になった田中の声がした。
『どうしてんの?』
 聞かれたので、就職活動しているとこたえると、
『勉強した? 約束しただろ』
 大学に進学しないことを責められている気がした。すると田中が、
『俺は勉強したけど、大学は行けないんだ。経済的事情で』
 と言った後、
『でも奨学金とろうと思ってる。やっぱ勉強、もっとしたいから』
 そうか、そういう手もあったかと思ったけれど、俺は無理して大学行くより、母親のためにも働いて、お金を稼ごうと思った。
 気付いたら、俺らは大人になっていた。大人の都合に振り回されない大人になっていた。自分の人生は自分で決められる大人になっていた。
「今度、会おうぜ」
 と言うと田中は、
『おう』
 と言った。久しぶりの会話をした興奮で、裏返った声で。




Copyright(C) MOON VILLAGE. All rights reserved.



この作品は、玄太さんの楽曲「瞳の奥に」のイメージで書きました。


「瞳の奥に」(歌詞付き動画):https://youtu.be/n8Dtvq--YO4



玄太さんブログ:http://koragenta.hatenablog.com/


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
関連記事

祈り 

[ 曲とのコラボ]

この作品は夢小説です。名前の変換は目次 小説ページで設定できます
昨日、電話をしたばかりです。
週末には帰るからって、みんな元気そうで。
久しぶりに会えるのを楽しみにしていました。

一日しか経っていないのに、変わってしまうものがあるのですね。


テレビをつけて、愕然としました。
帰るはずの町の、変わり果てた姿。

レンラク ガ ツカナイ
ダレノ コエモ キコエナイ

みんなはどこにいますか。
家族はどこにいますか。

昨日は、笑っていたのに、
一日で、こんなに変わってしまうことがあるのですか。

町が好きです。
空が好きです。
人々が好きです。
風が好きです。
木々が好きです。

海が好きです。

守られてきたものに奪われる。
なにも、誰も悪くないのに、
大切なものが見つからない。


どうしたらいいですか。
この心を
どこに置いたらいいですか。

風に吹かれて見上げたら、
子供の頃から知っている空が青くて大きくて。
きっと、愛する人のところにも続いていて。
なにも、誰も、
憎むことなんて、できなくて。

神様

どうか、
せめて、この音を、
届けていただけませんか。



Copyright(C) MOON VILLAGE. All rights reserved.



この作品は、玄太さんの楽曲「家族」のイメージで書きました。


「家族」(歌詞付き動画):https://youtu.be/owpLUQD7LgA



玄太さんブログ:http://koragenta.hatenablog.com/


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
関連記事

The pig,MBIRA (”豚のムビラ”英語版) 

[ 動画]

この作品は夢小説です。名前の変換は目次 小説ページで設定できます
絵と音楽は万国共通、
でも日本語は日本語がわかる人にしか伝わらない、
自分の作品を英訳できたらいいなあ、と思っていました。

その夢が実現しました!

叶えてくれたのは、高校生時代からの友人。

面識がない専門家に頼むこともできたけれど、
こんなふうに知り合いつながりで創り上げる合作も夢でした。

翻訳してくれたのは留学中の友人の娘さん。

心の豊かさを感じられる翻訳です。

感受性豊かなコたちが創って行く次世代は、きっと素晴らしいものになる!

ムビラはジンバブエの伝統楽器で、
この物語はその伝統を伝えるものではありませんが、
私のところに来てくれたムビラから誕生した物語には間違いありません。

この英語版は、大切な友人と友人の娘さんとの合作です。

英語版を通して、英語圏の方たちにも届きますように。




ちなみに日本語版はコチラ




Copyright(C) MOON VILLAGE. All rights reserved.




にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
関連記事

Menu

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。