小説ブログ 月の村

* Novel List

あなたの心の中で輝き続ける小さな宝石のような物語を贈ります。

  スポンサー広告  

Edit] 
            [ 作品のご案内 ]        --.--.-- ~  執筆

 ▲PageTop 

  ヒメモス  

*  [Edit] 
            [ 作品のご案内 ]        2013.03.21 ~  執筆
「味噌? なんで味噌なんすか?」 海外旅行をするという若者の髪をカットしながら、彼が「やっぱ日本食が恋しくなりますかね? 醤油とか持ってこうかな?」と言うので、「だったら一緒に味噌も持って行ったら?」と提案したら、こんなセリフが跳ね返ってきた。 日本人は味噌だろう、と思ったから言ったのだが、「味噌?」と言い返してきた彼の表情には、せせら笑うような色があって、「味噌嫌いなんだったら持っていかなきゃい...

 ▲PageTop 

  短編  

*  [Edit] 
            [ 作品のご案内 ]        2012.05.24 ~  執筆
エリートで完全主義者の元彼は私のやることなすことに文句を言った。元彼に振られた後、私はしばらくの間、すっかり自信を失っていた。自分の感覚がおかしいから好かれなかったのだと。でも何がどうおかしくて、何を直したらいいのかもわからず途方に暮れていた時に知り合ったのが今の彼だ。彼はオレ流の美学を持っているようで、それが私には魅力的に感じられた。この人の感覚にならついていけるかもしれない。ところが、彼も元彼...

 ▲PageTop 

  短編  

*  [Edit] 
            [ 作品のご案内 ]        2012.02.12 ~  執筆
 ある女優の半生が、再現ドラマになって放送されていた。同棲している彼は、食い入るように画面を見つめている。仕方ないので、私も頬杖をついてテレビに見入った。************* 女優になりたかった彼女にチャンスが訪れたのは、高校卒業を控えたある日のことだった。東京のタレント事務所のイベントが彼女の住む町であり、スカウトされたのだ。 厳しい両親は娘が芸能界に入ることを許さず、彼女は家出同然で故郷を飛び出した...

 ▲PageTop 

  ヒメモス  

*  [Edit] 
            [ 作品のご案内 ]        2012.01.09 ~  執筆
「お母さんの部屋、用意してるからね」 と涙ぐむ娘を「気が向いたら行くから」と言って送り出した。 今まで近所で新婚生活を送っていた娘の旦那が海外赴任になり、娘も一緒にアメリカで暮らすことになったのだ。夫に先立たれ一人暮らしをしているわたしに娘は、「アメリカで一緒に暮らそう」と言ってくれた。でも、知り合いも誰もいない、言葉もわからないのに、この年でいきなりアメリカで生活するなんて考えられなかった。「ず...

 ▲PageTop 

  短編  

*  [Edit] 
            [ 作品のご案内 ]        2011.10.01 ~  執筆
 夫が休職することになった。 完全主義者で挫折知らずだった夫は、仕事でミスをしてしまったショックで、精神的にダメージを受け、仕事を続けられる状態ではなくなってしまったのだ。毎朝、早起きをしていた夫は、昼を過ぎてもカーテンをひいた部屋でベッドに潜り込んでいる。 夫と私は二年前に、見合い結婚をした。一分の隙もないようなエリートの夫が、何故ただのんびり生きてきた私を選んだのかわからなかったが、夫の人生計...

 ▲PageTop 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。