FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
 ←「みさきの小学校の守り神」作品紹介 →2011/03/09
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png   スポンサー広告
  • [「みさきの小学校の守り神」作品紹介]へ
  • [2011/03/09]へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

「みさきの小学校の守り神」

「みさきの小学校の守り神」

 
 ←「みさきの小学校の守り神」作品紹介 →2011/03/09
 彼は「みさきの小学校」の守り神だった。
 彼がこの小学校を守るようになってから、長い年月が経っていた。なにしろ「みさきの小学校」は、みさきの町に一番最初に出来た学校だったのだから。
 彼の外見は奇妙だった。
 白くて丸い、つるんとした胴体から細長い手足がにょきっと出ている。まん丸の大きな目。
 それは”崇高”というよりは”ひょうきん”だった。
 彼は年をとらない。そして彼はその姿を誰にも見せない。

「なんですかな、これは」    
 みさきの小学校の3年4組の担任教師が眉をひそめた。彼は職員室でテストの採点をしている最中だった。  
「なにがですか?」
 となりに座っていた教師が顔を上げる。
「これですよ」
 彼はながめていた答案用紙を示した。
「ほう……、これは……?」
「例の、岡本くるみの答案ですよ」    
 先日行われた国語のテストのものだった。白紙のくるみのそれには、丸くてつるんとしたオバケのような絵が描かれていた。守り神だ。だが、この2人の教師がこれがなんであるかを知る由もない。    
「岡本くるみ……、ですか……」    
「そう、先日の事故で母親が亡くなった……ね」    
 彼はふうとため息をついた。そして、ショックだった気持ちはわかるけど……、と思いつつも、赤ペンで答案用紙に書き込んだ。
”ふざけないで、マジメにやるんだよ”と。

 しかし、くるみは、ふざけていたわけではなかった。答案用紙に描いた絵は、守り神のことをわかってもらいたいという、くるみの思いだった。守り神は、くるみの前に姿を現したのだ。あの瞬間に。
 くるみの母親は結婚せずに、くるみを産んだ。そして女手ひとつで育ててきた。    
 事故の時、くるみは母親の運転する自動車に一緒に乗っていた。    
 母親は生活に疲れていた。酒を飲み、べろんべろんに酔っ払っていた。    
 ハンドルをきりそこなう。自動車は横転する。    
 その瞬間、くるみの目の前に白いぷよぷよしたものが現れた。強く打ち付けられるはずだった身体は、それのお陰で守られ、ぷよぷよーんとはねかえった。    
 くるみは気を失った。やわらかいものに抱かれながら。    
 母親は即死だった。

 もともと無口だったくるみは、この事故以来、誰とも話をしなくなった。    
 学校から帰ってくると、部屋に閉じこもっていることが多かった。    
 だが世話に来ている叔母は、くるみの部屋から時折話し声がするのを聞いた。    
「くるみちゃん? 誰か来てるの?」    
 叔母が部屋をのぞくと、そこにはくるみしかいない。床にぺったりと座っているくるみは振り向いて、左右に首を振るのだった。その瞳に、楽しそうな色をたたえて。

「不思議な子よねえ……」    
 叔母は夫に言った。    
「誰が?」    
「くるみちゃんですよ。助手席に座っていたっていうのに、かすり傷ひとつ負わなかったなんて」    
「余程、運が強いんだろう。不幸中の幸いだったじゃないか」    
「ええ、それはもちろんそうなんだけど……、あの子、ヘンなのよ」    
「ヘンって?」    
「部屋から話し声がするの。でものぞくと誰もいないのよ」    
「独り言だろう、さびしいんだよ」    
「私には一言も口をきいてくれないのに」    
「あの子は、ぼくたちが引き取ることになるんだろうね」    
「ええ……、他に身寄りがいないもの」    
 叔母は釈然としなかった。あの子が振り向いた顔。あの楽しそうな表情。    
 独り言が楽しい? あの子は気がおかしくなってしまったのかしら?    
 ……いいえ、もしかしたら……。

「ママが帰ってきそうで、こわいわ」    
 くるみは自分の部屋にいた。    
「お酒に酔って帰ってきて、くるみのせいでくろーしてるって、怒られるの」    
『そんなこと言っちゃ、ダメだよ』    
「だって……」    
『くるみちゃんはママが好きだったんだろう?』    
「ママはくるみのこと、キライだったもの」    
『そんなことないよ、だってね……』    
 彼はくるみの耳元でささやいた。くるみの母親の最期の言葉を。    
 くるみはとても驚いた。そして少しずつ、その表情には笑みが浮かんだ。    
「ホントに?」    
 彼はうなずいた。    
「くるみもママが大好きだった」    
 母親が死んでから初めて、くるみの瞳に涙があふれた。    
 彼はくるみの頭をなでた。ひょろりとした手で。    
 くるみは涙をぽろぽろとこぼしながら、つぶやいた。    
「守り神さん、ありがとう」

「今日でこの学校ともお別れね」    
 叔母はくるみの手をひいていた。    
 夕暮れの校庭だった。くるみは叔母の家に引き取られることになったので、みさきの小学校を転校するのだ。
 二人は校門を出た。    
 くるみが振り向くと、校門のところで守り神が手を振っていた。くるみは手を振り返した。    
「なにをしているの?」    
 叔母は振り向き、そして見た。    
「くるみちゃん、守り神さんを知ってるの?」    
 くるみはびっくりして、叔母を見上げた。まさか叔母が守り神を知っているとは。    
 叔母はふふっと笑った。    
「そう、やっぱりそうだったのね」    
 守り神は姿を消していた。    
 二人はゆっくりと歩き始めた。    
「叔母さんとくるみちゃんのママも、昔、みさきの小学校に通っていたの」    
 叔母とくるみの母親は年子の姉妹だった。    
「ある日、二人で遅くまで学校に残っていたの。その日の朝、親に叱られてて、うちに帰りたくなくて。    
 下校時間を過ぎ、学校にはひとけがなくなって……、そして見たの」    
 守り神はうっかり二人の前に姿を現したのだという。誰もいないと思って、油断したのだ。    
「私たちと守り神さんはすっかり仲良くなったわ」    
 叔母は部屋で守り神と話していたのか、と聞いた。くるみはこくんとうなずいた。    
「そっか、くるみちゃんは守られていたのね」    
 だから、あの事故の時も助かったのね、と内心思う。    
 叔母の手をするりと抜けて、くるみは突然もときた道を走っていった。    
「くるみちゃん!?」    
 叔母はくるみを追いかけた。    
 二人は、みさきの小学校まで戻ってきた。    
 さっきまでまばらにいた生徒達もいなくなり、校庭はがらんとしていた。    
 くるみはそばに落ちていた棒きれを拾ってしゃがみ、そのままそれで線を引きながら後ろ向きに下がっていった。くるみは校庭中を使って、大きな絵を描いていた。
 叔母はその様子をじっと見つめていた。    
 やっと最初と最後の線がつながった。    
 くるみは肩で息をしていた。上げた顔は上気していた。    
「ちがうの」    
 くるみは叔母に言った。    
「くるみは死ぬはずだった。本当はママが守り神さんに助けてもらうはずだった。でも、あの瞬間に……」   
 くるみは校庭中を使って描いた絵をパッと指さした。    
「この守り神さんにママが、自分の代わりにくるみを助けてあげてって、頼んだの!!」    
 言い終えると、くるみはせきをきったように、泣き出した。人に対し、かたく閉ざされていた心は解き放たれた。    
 まさか、そんなことだったとは……。    
 叔母はひざまずき、泣きじゃくるくるみをぎゅっと抱きしめた。    
「くるみちゃん」    
 叔母はこの小さな体を守りたいと思った。    
「しあわせになろうね」

 校門を出て行く二人の後姿を、守り神は屋上からやさしく見守っていた。    
 彼はこれからも、みさきの小学校を守りつづけていくだろう。    

 夕日がかげった校庭に、守り神の大きな絵が静かに横たわっていた。



→ BACK

YOUTUBEにても公開中



Copyright(C) MOON VILLAGE. All rights reserved.




にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

もくじ  3kaku_s_L.png   「みさきの小学校の守り神」
  • [「みさきの小学校の守り神」作品紹介]へ
  • [2011/03/09]へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。
  • [「みさきの小学校の守り神」作品紹介]へ
  • [2011/03/09]へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。