FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

 
 ←イッテンモノ →ヒルガオ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もくじ  3kaku_s_L.png   スポンサー広告
  • [イッテンモノ]へ
  • [ヒルガオ]へ
  • TB(-)|
  • CO(-) 
  • Edit

短編

むーちゃん

 
 ←イッテンモノ →ヒルガオ
「むーちゃん!」
 スーパーマーケットの入り口で、いきなり背後から肩を叩かれた。振り向くと、白髪頭の小柄な老婆が立っていて、私と目が合うと、しわくちゃの笑顔になった。
「やっぱりむーちゃんだ! 心配してたのよ、いきなりいなくなるんだもの」
 私はこの老婆をまったく知らない。“人違いです”と告げる間もなく、老婆は自動販売機の前まで走っていき、2本の缶コーヒーを両手に持って戻ってきた。
「少しくらい、時間あるんでしょ?」
 1本を私に差し出して、私たちは人の出入りにジャマにならないところに移動した。私の肩くらいの背丈の貧相な老婆がコーヒーをすするのを見ながら、この人は頭がおかしいのかもしれないと思った。だとしたら、変に否定したら面倒なことになるだろう。
「もう7年になるかね。並んで流れ作業をしてさ。休憩時間にはこうして二人でお茶してさ。楽しかったね。あの工場、むーちゃんがいなくなってからすぐつぶれちゃったけどね」
 私は無言でうつむいていた。
「あの頃、あんた悩んでたよね。しつこい昔の男から逃れたいって。でもさ」
 老婆はニコニコしながら私を見た。
「血色いいじゃない。幸せなんだね」
 私は薄幸そうな、私と瓜二つらしい“むーちゃん”の人生に想いを馳せた。何故か胸がきゅんとした。
「余計な詮索はしないよ」
 老婆は缶コーヒーを飲み干した。
「さてもう行くよ。元気でね」
 さばさばとした口調で言うと、手を振りながら去っていった。残された私は、ふと手に握り締めたままの缶コーヒーのぬくもりを感じる。
 私は幸福な主婦だ。今は亡き優しい両親に甘やかされて育ち、相思相愛の彼と結婚した。
 そうそう、夕飯のための買い物に来たんだっけ。再び店内に入ろうとすると、また背後から肩を叩かれた。振り向いたら、夫が息をきらせて立っていた。
「何度呼ばせるんだ。また名前を忘れたのか」
 ぼおっと夫の顔を見つめていると、夫は私の首に手を伸ばしてきた。
「また記憶回路がおかしくなってる」
 うなじにあるコントローラーが左右に回され調整された。私の脳がくるくる回転する。7年前、私は研究者である夫に保護された。名前の他は失われていた記憶は、夫によって作り出された。
「はい、君は誰?」
 夫が私の顔を覗き込む。私の口から、抑揚のない声が流れ出た。
「ワタシハ アナタノ ツマ ムツミ」





Copyright(C) MOON VILLAGE. All rights reserved.



にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村


もくじ  3kaku_s_L.png   短編
  • [イッテンモノ]へ
  • [ヒルガオ]へ
  • Tag List 
  •  * |

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。
  • [イッテンモノ]へ
  • [ヒルガオ]へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。